ひげをキレイに処理する方法あれこれ

ひげをキレイに処理するには

ひげの処理って本当に悩みますよね。
剃ってもなかなかキレイにならないし、剃らなきゃもっとひどくなるし…
本当に、いっそ脱毛したくなってしまいます。

そこで、濃いヒゲをなんとかする方法をひと通りまとめて、それぞれのオススメをピックアップしてみました。

剃る

 手軽にできる
× 毎日剃るのが面倒
× 青ひげが目立ちやすい

これで満足できないからみんな困っているので論外。

抜く

 手軽にできる
 そこそこ効果がある
× 肌を痛める
× 1本1本抜くのがめんどくさい

めんどうだけど、その場しのぎの方法としてはベストです。

抜く場合、ソイエやブラウンの電気脱毛器を使うと手間が省けて楽です。
私自身、1本1本抜くのが面倒なので、これで済ませてました。
はっきりいって痛いのですが、慣れれば大丈夫な痛さです。

ただし、実は必死に抜いたからといって、つるつるになるわけではありません。
抜けない短い毛や、埋没毛などがあるせいで、意外と黒いのが見えてしまいます…
青ひげで悩んでいる人は色が白い人が多いと思うのですが、色が白いとコレでも目立ちかねないんですよね…
もちろん、劇的によくなることは間違いないのですが。

ブラウン 電気脱毛器 シルク・エピル エクスプレッシブ プロ SE7681QR
ブラウン 電気脱毛器 シルク・エピル エクスプレッシブ プロ SE7681QR

電気脱毛器は、上記のものが顔用のアタッチメントがついています。
自分は顔用のアタッチメントがついていないものを買って、普通にそれを使っていました。
とはいえ、さすがにそれをすすめるわけにもいきませんので、上記のものをオススメします。
ソイエはどうやら、顔には使うなとの注意書きがありました。
使えないことはないんですけどね…

ファンデーションなどで隠す

 手軽にできる
 抜くのと絡めるとそこそこ効果がある
× めんどくさい
× 上手く出来るようになるまで要研究

根本的な解決にはなりませんが、青ひげで悩んでるなら意外と使えます。

抜くのとコレをからめると、かなり綺麗になります。
ただ、この場合、多くの方が「何を買えばいいかが一番困る」と感じていると思います。
そこでオススメなのが、100円ショップで売っているファンデーションを軽く塗って、その上からチーク(頬紅)を使うことです。
ファンデだけでは青系を隠せないのですが、チークで赤系の色を上手く足すことで、青系の色を緩和させることが出来ます。
化粧品コーナーにいく必要があって抵抗がある人もいると思いますが、100円で気軽に買えるのが大きいです。

抑毛クリーム、ローション類

 手軽にできる
× 抑毛系は、ひげを薄くする効果ではなく生える速度を落とす効果がある
× 期待した効果が実感できないことが多い

抑毛系ではひげは薄くなりません。

とても紛らわしいのですが、抑毛ローションは現実には「毛が伸びるスピードを抑える」という商品です。
あくまで、成長を「抑える」だけであって、毛穴を退治して生えなくしたり、毛の太さを細くしたりする効果はありません。

つまり、「1日2回ひげを剃る必要があって面倒くさい」という人向きです。
ですから、「ひげを薄くしたいから抑毛ローションを使う」となってしまうと、期待した効果が実感できないでお金を無駄に使ってしまったという悲劇に繋がってしまいます。
商品によっては「薄くなる」と明言しているのは問題です…
人によっては薄くなることもあるのかもしれませんが、基本的には毛の成長を抑えるものと考えたほうが無難です。
あなたが欲しいのが「伸びるスピードを抑える効果」でないのであれば、抑毛ローション類は避けましょう。

除毛クリーム

 肌にあえば脚や腕は剃るよりキレイに処理できる
× 顔に使うのはダメ、ゼッタイ

無駄毛を溶かす除毛クリームはたしかにキレイになりますが、顔はやめたほうがいいです。

除毛クリームは、無駄毛を溶かす効果があり、足や尻に塗ったことがあるのですが、実際に綺麗になりました。
あくまでそこにある無駄毛を処理するだけなので、無駄毛が薄くなるなどの効果はありませんが、剃るのに比べてずっとキレイになります。

ですが、刺激が強いものなので顔に使うもんではないです。
自分は怖くてやったことないですが、ネットでやった人の報告を見ると、1週間以上マスクで顔を隠して生活するはめになったとか、ヒィィィ。

ひげとは離れますが、脚とか背中とか尻の無駄毛を処理するだけなら、ほんとにつるつると言えるくらいキレイに処理できます。
「パイナップル豆乳除毛クリーム」は全額返金保障付きですので、他の部分の無駄毛に悩んでる方は試してみるといいでしょう。

脱毛 除毛は

家庭用レーザー脱毛器

 機種選びを間違えなければきっちり効果がある
 根本的に薄くなるので、薄くしてしまえばヒゲのメンテナンスが必要なくなる
× 痛い
× 費用が約7万と高い

どうしても業者に通うのがイヤならコレがオススメです。



機種はトリアが値段も比較的安く、30日間返品保証がついていて、効果が確実にあります。
痛みに耐えられなかった場合は、返品すればすむだけの話なので、迷っているなら試しに購入してみるといいでしょう。
エステや医療機関に通うのがイヤで、ひげに悩んでいるのであれば、他の方法にお金を使って失敗するより、気合入れてトリアを買うことを強くおすすめします。

なお、ヤーマンのヤツは効かないというもっぱらの噂なので注意。
ヤーマン製のレーザー脱毛器が効果があったという話を聞いたことがありません…

業者での脱毛

 確実に効果があり、ひげの悩みが綺麗サッパリ解決する
 つるつるにするならコレしか方法がない
× 痛い
× 費用が10万近くと高い

本気でなんとかしたいなら、やっぱりコレが一番です。
確実に効果があり、ひげの悩みから綺麗サッパリ解放されて心が軽くなります。


抑毛ローションなどの商品は、初期費用が安くて手を出しやすいのですが、実際には思ったような効果を実感できず、挫折して結果的には無駄な散財になりやすいので、オススメできません。

ひげを薄くしたいのであれば、業者での脱毛が一番確実でおすすめです。

値段も高くつくように思えますが、確実に効果があるので、長期的に見るとイメージほど高くないです。

効果のないクリームなどを買って散財したり、抜き続けて肌を痛めたり、「なんとか薄くならないかなぁ」と悶々した日々を過ごすよりは、確実に効果のある方法を選び、悩みを解決させることをおすすめします。
業者での脱毛でも効果が出るのまでは2~3ヶ月かかりますが、他の方法で失敗を続けたりすることを考えると確実に効果がある方法を選択したほうが、満足度が高くなります。

業者での脱毛はそれくらい大きな効果があります。

家庭用レーザー脱毛器を使用するのもいいのですが、顔にやることなので、自己管理するよりも、きっちりと医師管理してもらった方が安全性が高く間違いがないです。

また、レーザー脱毛というと、つるつるになるイメージがあるかもしれませんが、実際にツルツルにするには何度も照射する必要があり、年単位でかかります。
ですから、途中でやめてしまえば、「ある程度薄い状態にする」ということも可能です。
逆に、本当につるつるにしたいと思うと、業者で脱毛するしかありません。
また、業者でやると高くつくイメージがあると思いますが、今後一生、ひげに関する悩みがきれいさっぱり無くなることを考えると、トータルとしては値段以上の価値が十分あります。

そのためにも、業者選びで失敗しないようにする必要があります。

脱毛の種類をおおまかに

業者で脱毛を選ぶ際に必要なのは、まずは脱毛の種類を知ることです。

針脱毛

ダンディハウスなどの多くのエステサロンで採用している方式です。
初期費用がえらく安くてついつい目がいきがちですが、毛穴1本1本に針を刺すので激痛が伴う上に、1本1本の処理なので結果的には時間も費用もはんぱなくかかります。
アフターケア商品も買わされるので、つるつるにしようとすると30万ほどかかります。また、お試し脱毛を受けると勧誘が結構きついのも難点です。

針脱毛を採用しているサロンは費用が高くなるのでおすすめできません。
初期費用の安さに釣られると後悔することになります。

レーザー脱毛

一番知名度が高い脱毛方法で、医療機関で採用されています。
黒い部分に反応するレーザーを照射することで、毛穴を焼き殺します。
効果が一番高いのですが、ヒゲにやるとハンパなく痛いです。
ひげは脚などのムダ毛に比べて密集度が高く太いので、痛さが比べ物にならないのです。
予算は15万ほど。

レーザー脱毛はヒゲにやると滅茶苦茶痛いので、痛いのが嫌な人は避けたほうがいいです。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

こちらはレーザー脱毛とほぼ同じ原理です。
レーザー脱毛より多少効果は落ちるので、つるつるにするのであれば時間がかかりますが、痛みが随分抑えられます。
ひげ脱毛の大きな問題は痛みなので、一番痛みが抑えられている光脱毛がおすすめです。
予算は10万。
なお、レーザーでも光でも、ひげ脱毛は何度も照射するものなので、時間がかかるのは同じです。
光のほうが若干時間がかかるというだけのことです。

光脱毛はレーザー脱毛より少し時間がかかりますが、痛さを抑えているので万人向けです。

脱毛するならドクタータカハシ

光脱毛なら、ドクタータカハシが断然おすすめです。

通いやすさ、値段、信頼度…どれをとっても随一です。

まず、全国展開しているので通いやすく、実例が豊富で医師管理なので信頼度が高いです。
さらに永久保証がついている上に、値段も他に比べて安いです。

永久保証は、最初に払いきって、生えてこなくなるまで何度でも通えるようになるシステムです。
生えてこなくなったと思っても2年後にまた生えてきた…なんて場合も、きっちり無料で照射してもらえます。

ひげ脱毛ですと、10万円を最初に払ってしまえば、追加費用は一切いりません。

他にこの値段でつるつるになるまで脱毛できるところは、なかなかありません。
永久保証が出来るのは、効果に対する自信のあらわれともいえます。

ドクタータカハシなら無料でカウンセリングと照射ができる

また、特徴的なのはカウンセリングとテスト照射が完全無料ということです。
とりあえず話を聞いて、一度テスト照射してみて、どんなかんじか実感してみるのが一番手っ取り早いです。

テスト照射したからといって、強引な勧誘されることは一切ありませんので安心してください。
そもそもテスト照射自体が「肌に合うかをためすもの」で、1週間後まで異常がないかという確認が必要ですので、その性質上、その場でしつこく勧誘されることは絶対にありえませんから、心配しなくて大丈夫です。
気軽に予約を入れて、詳しい話を聞いてから体験してみるといいでしょう。

なによりも「早くやったほうがいい」とおすすめできるのがひげ脱毛

私自身はひげ脱毛をやって「もっと早くすればよかった」と思いました。
ダイエットなどと違い、一度やってしまえば持続の努力がいらないですし、払いきりなので最初に支払ってしまえば、後は本当に気が楽です。
そしてなにより、ひげに関する悩みが10万円できれいさっぱり無くなったというのが大きいです。

心の奥底から「やってよかった」と思っています。

人には色々と悩みがあるものですが、ひげに関しては脱毛してしまえば割と簡単に解消できる問題ですので、悩んでいる方は速くやっちゃうことをオススメします。



ヒゲ脱毛についてもっと詳しく知りたい人は
私の体験談を交えた解説サイトを御覧ください